えほんの城 絵本紹介

えほんの城のコレクションの中から、おすすめの絵本をご紹介します。
読んであげてほしい年齢ごとに分類しています。

  • 読んであげるなら3才から
  • 読んであげるなら4才から
  • 読んであげるなら5才から

最新の絵本紹介

NEW

そらの100かいだてのいえ

ある日、ツピという名前のシジュウカラが、ひまわりの種をみつけます。お腹が減っていたけれど、一つ食べるよりはたくさん食べたい。
ツピはひまわりの種を育てる事にしました。だけどどこに植えていいのか分からず困っていると・・・。ツピのひまわりの種を作る作戦は上手くいくかな?

NEW

100かいだてのいえ

ある日トチくんに手紙が届きます。「ぼくは100かいだての てっぺんに住んでいます。あそびにきてください」
さぁトチくんの大冒険の始まり始まり~。100かいだての家は、色々な動物たちのおうちが繋がって出来た家。てっぺんには誰がすんでいるのかな?
ページを開く度にドキドキが止まらない絵本です。

くいしんぼうのクジラ

くいしんぼうなクジラ。いただきますが大好きで、ごちそうさまが大嫌い。くじらはなんでも、どんどん食べる。海の中のもの全部食べ、川を上り川のものを全部食べ、挙句の果てに陸の上までクジラが♪
陸の上のものを全部吸い込んで満足なクジラ。さぁ家に帰ろうとした時に・・・。ダイナミックな絵の中に、細かく書かれた食べ物たち。次はなんだろうと、心がワクワクする絵本!

きょうはそらに まるいつき

赤ちゃんが空をみています。きょうはそらに まるいつき。
女の子がバスでかえります。きょうはそらに まるいつき。
みんなのよるに それぞれのよるに ごほうびのようなおつきさま。
温かみのある素敵な言葉。一日の終わりに、全ての人をゆっくりと、またいつもと変わらず迎えてくれる。そんな素敵なおつきさま。お子様とゆっくりと読んでください。平成29年度日本絵本大賞作品。

ふしぎなキャンディーやさん

ブタくんが森の中を歩いていると不思議なキャンディー屋さんがありました。「このキャンディーをなめると不思議なことが起こるよ。」黄色をなめると力持ちに!青をなめるとライオンの声!他にもたくさんの色がある♪キャンディーを4つ買って、さぁブタくんのいたずらの始まり始まり〜。子どもの創造を膨らませる事ができる一冊。

かがみのえほん ふしぎなにじ

この絵本は仕掛け絵本になっています。絵本を両手にもって、左右のページの角度を90℃で向き合うところまで本を開いて見てみると、なんと絵本の中の鏡に虹が輝いています!しかも平面ではなく、立体的に見える!色々と形を変え、最後に虹がどうなるか?お子様と楽しみながら読んでください。

ぼちぼちいこか

かばくんが自分の未来を夢みて、いろいろな事に挑戦します。
消防士に船乗りパイロットやバレリーナ!しかし、かばくんは、かばくん。体重も重いしそこまで器用じゃない。
おもしろい失敗の仕方をしてしまいます。「どないしたら ええのんやろ?」かばくん色々考えて一言!
「ま、ぼちぼちいこか」ぜひ読んでみてください。

ぼくとクッキー さよならまたね

ぼくはクッキーと毎日毎日仲良く遊んでいます。いつも別れるときは、「さよなら、またね」次の日もまた次の日も。
ところがある日、いつもと同じように遊んでいるとクッキーが元気なさそう。いつもの挨拶も「さよなら・・・。」
どうしたんだろうクッキー。その日の夜、クッキーとおばさんが家にやってきました・・・。心の動きを描く作品。

おへそのあな

おへそのあなから みえるみえる。お母さんのお腹の中から、赤ちゃんが様子を伺っています。「あっお兄ちゃんだ!なにしてるのかなぁ?みてみてロボットを作ったよ。産まれてくるあかちゃんにあげるんだ」
あかちゃんがお腹の中にいる時にこのように感じてくれていて欲しいと思える感動の一冊。

にじ

♪庭〜のシャベルが〜 い〜ちに〜ち濡れて〜 あ〜めが〜あがって〜 く〜しゃみを ひとつ〜♪ 
幼稚園でよく歌われる新沢としひこさんの歌。そのうたの世界観が伝わってくる絵本です。お子さんと口ずさみながら、見ていただきたい絵本です。

えほんの城について詳しく見る

  • 畑からの贈り物
  • 未就園児教室 たいようのこ
  • えほんの城
  • 求人向け情報